のし袋のなかでも不祝儀はマナーが厳しいので要注意

お悔やみごとの際ののし袋のマナーは結婚式同様にかなり気を遣うでしょう。おキャミごとというのは故人、家族の宗教によって表書きが違ったり、袋種類も違ったりしてきますので確認をした上で選ぶ必要が出てきます。

お悔やみごとの際ののし袋の表書きはどう書けばいいのか

お悔やみごとといっても種類は1種類ではありません。それぞれ使い道に合わせて表書きの種類も違ってくるのです。例えばですがお通夜に行く際であれば通夜が表書きですし、葬儀でしたら告別式、法事なら法事といったように何の目的で何処へ行くのか、それによっても違いが有るのです。

間違ったのし袋を使用していると失礼にあたりますし、表書きが違っているのも失礼です。ですから理解した上でマナー違反や失礼に当たらないようにする必要が有るでしょう。

具体的には一番多いのが通夜でお香典を渡すというケースかもしれません。通夜、葬儀では不祝儀にあたりますが宗教によってなんと書くのか、表書きが違っているのでまずは宗教の確認が必要です。

わざわざ確認することが難しいという場合には無難に一般的な水引のものを選ぶといいでしょう。

結び切りになっていて表書きと名前を薄い墨汁で書きます。中包みの真ん中には金額を書き、裏は住所、氏名を書きましょう。

通夜や葬儀以外の法事に使用する際の袋について

法事や法要は葬儀が終わってからも故人が冥福できるようにみんなで祈るという者です。

決められた年に行うのが一般的です。葬儀同様に宗教によっても全くその方法は違っているので先方の宗教がなんなのかまずは知る必要があります。

宗教がわからない、確認する手立てがないという場合には失礼に当たらないように無難に御供物料とするといいでしょう。結びきりの水引きを使用するのですが、そのバリエーションは他にもあり、あわび結びというものがあります。

またあわじ結びと呼んでいる地域もあるでしょう。袋をさすがに間違える人はいないかとは思うのですが、しっかりと間違えないように見極めて選びましょう。

いつのタイミングで香典を持っていけばいいのか迷ってしまう人もいるかも知れないのですが、通夜または葬儀で持ち込むのが一般的です。もちろん故人や家族の方とのお付き合いや親交の深さによってもその違いは若干あります。