のし袋の中に入れるお金についてのマナーやルールについて

のし袋の表書きと同様に迷うことがあります。それは中包み、そしてお金をどのようにしていれればいいのかということです。多くの人がこのお金の包み方に対してのマナーで迷ってしまうことが多いと言われているので迷わないようにしたいですね。

のし袋はどうやってお金を包んで入れるのでしょうか

お金を包んでのし袋に入れる際はまず考えるべきことはお札の向きでしょう。普段はあまりお札の向きなんて考えたこともなくどちらを向いていても関係なしに財布の中に入れている人もいるでしょう。

しかしお札には向きがありますので必ず向きを揃えて入れましょう。絵が書かれている側を表にします。そしてその肖像画が開けたときに最初に見える向きにして中袋に入れるといいでしょう。

しかしこれは地域ごとに若干違っていることもありますので、地域によって違いそうだと思ったときには事前に確認しておいたほうがいいでしょう。封筒になっている場合はそのままいれればいいので、それほど迷うことはありません。お金の向きさえ間違えなければ特に問題はないでしょう。

しかし問題となるのは金額です。祝儀としていれる場合には金額にも気を使う必要があり入れる額によって失礼に当たったりマナー違反とされることもあるかもしれないのです。

のし袋の中にはいくら入れるのが良いとされているのか

日本では不吉とされている数字がありますので、その数字を入れないようにお祝いごとでは気をつける必要があります。

例えばですがよく言われるのが結婚式では割り切れて二人が別れてしまうことを連想させるような2万円といった額を入れないほうがいいと言われています。

同様の理由から偶数の金額は割り切れるので避けたほうが良いでしょう。奇数に入れれば無難ですし、2万円渡したいというのであれば、1万円札1枚と、それから五千円札を2枚にすれば奇数になりますのでこうした組み合わせを考えて入れるといいでしょう。

こういったことはあまり若い人は気にしないのですが年配の人に渡す場合には気にされる人が多いですので注意が必要です。

ご祝儀は新札を入れることがマナーと言われていますが、不祝儀の場合には、新札ではない方が良いと言われています。新札だとあらかじめ用意していたのかと連想してしまうからです。