のし袋の種類に合わせて表書きも違い注意点もある

のし袋を書く際に必ず迷うという人が多いのは宛名書きと書く時に注意すべきことがないかどうかということでしょう。色々と書き方にもルールがあります。そのルールに則って書かなければ相手に失礼に当たることも多いのです。

のし袋の熨斗は何を書けばいいのかわからないという人へ

のし袋の熨斗の部分ですが、熨斗といえばご祝儀、お祝いやお見舞いといったことを連想する人も多いでしょう。不祝儀であるお香典等もイメージする人もいるかもしれません。

熨斗の種類、使用するシーンは主として水引きの結び方、色等も関係していますので、それらで分けることになります。

赤、金色、鶴亀等とても華やかで豪華なタイプの場合には当然ですが祝儀ですね。不祝儀ではありません。不祝儀は紺色や黄色、白等の組み合わせ等で見ればわかるでしょう。

中に入れる金額によって袋の格も考えたほうがいいでしょう。中に包む金額とのバランスも考えて選ばなければいけないので、わからないのであれば文具売り場の店員さんにでも声をかけて聞いたほうがいいかもしれません。

書くべきことは、用途を表す言葉を書けばいいので、結婚のお祝いなら結婚祝い、ご即路頂いてお礼を渡したいという場合には車代として書くといいでしょう。

表書きを書く際の注意点について気をつけるべきことは?

表書きを書くときには気をつけることが色々とありますので、ここで見ておきましょう。

例えばですが何を書くかのまえに、何で書くか、それが大事ですね。何で書くか、ボールペンや鉛筆等でさすがに書こうと思っている人はいないかも知れないのですが、ボールペンや鉛筆で書くのはマナー違反ですし失礼にあたりますのでやめておきましょう。一般的には毛筆で書かなければいけません。

しかし今の時代、習字道具を家庭に持っていてすぐに使えるようにしている家はそれほど多くはありません。

筆ペンでも代用可能ですので、筆ペンを使うか、筆があまり上手に使えない、書けないというのであれば、その場合にはサインペンの黒で書くようにするといいでしょう。

お祝いを書く場合には濃い目の黒で、法事、不祝儀等で書く場合には薄い色を選びます。行書で書かずに、楷書で誰が見てもわかるようにしなければいけません。