のし袋はむき出しのまま持って行かず袱紗に入れることが大事

どこかでのし袋を渡す際には何かに包んで持っていくのもマナーです。誰もむき出しのままカバンの中から出しているという人はいないでしょう。もしかするとマナーを知らずに裸で持ち歩いている人はいるかもしれませんがふくさに包むことがマナーです。

ご祝儀袋、お香典はむき出しで持ち歩かないことがルール

のし袋はそのままむき出しで持ち歩きません。意外と若い人は知らないので恥を書く事もあると言われています。周囲の人を見てみてください。きっと何かに包んで持ってきているに違いありません。

主には、紫色や少し落ち着いた赤等の布で包んでいるのではないでしょうか。一番してはいけないのが、もともとご祝儀袋が入っていたビニールの袋にセットし直してそこから出すということです。

これはマナー違反になります。布に包んで渡しましょう。この包まれている布ですがただの布ではありません。何に包んでも良いというわけではないのです。この布はふくさと呼ばれています。

これまでに見たことがないとい言う人は次に袋を購入する際に、袋が売っている売り場を見てみてください。きっと袱紗というように漢字で書かれていたり「ふくさ」と書かれている布も近辺に販売されていると思います。袋はこれに包んで持ち運ぶこと、これがマナーなのです。

なぜ袋を袱紗に入れて持ち歩かなければいけないのか

なぜむき出しのままではいけないのか、袋に入れて持ち歩かなければいけないのか、それは意味があります。江戸時代にまで遡るのですが、将軍に贈り物を渡す際に、布をかぶせていたとのことです。

なぜ布をかぶせていたのか、その理由はホコリがかからないようにするためなのだそうです。

贈る人への気遣いといってもいいですね。それが今は袋を持ち歩く際にも袱紗に入れて渡すということが定番化しているのでしょう。
ご祝儀袋を取り扱っているコーナー以外にも例えばパーティーや礼服を取り扱う洋服店等にも取り扱いが有ることもあります。

これも種類があって、御礼用と葬儀用があります。別々に用意してもいいのですが、どちらも使える慶弔用がありますので、これを1つ持っていると使い分けることができますので便利かもしれません。

慶弔用の色は紫色になります。これに入れて袋は持ち歩きましょう。