結婚のお祝いでのし袋を選ぶ際も用途や渡す相手に合わせて選ぶ

のし袋のなかで一番一般的でよく見かける機会が多い袋はお祝いの席で渡す袋ではないでしょうか。結婚式等で使用するお祝いの熨斗袋ですが、これも色々と種類があってそれぞれに意味がありますので理解しておく必要があります。

結婚式で渡すのし袋も実は種類が有るので選ぶ必要が有る

結婚式でお祝いを渡すことになったとしましょう。長年のお付き合いのあるとても親しい友達の結婚式に出る時ののし袋ですが、この時の袋と、あまり親しくはないけれど結婚するので会社の同僚とお金を集めて渡す先輩の結婚祝いの袋、これはいっしょでいいのでしょうか。

結婚に対してご祝儀袋という種類になりますが、これは様々な種類が有るのでどれを選べばいいのか正直迷ってしまうことと思います。見た目だけでも明らかに豪華そうな物もありますしシンプルで質素な感じのタイプもあります。

今は趣味を凝らしたものもありますし袋だけでも数千円もするような物もあったりします。袋のコーナーが設けられているほど様々な種類が用意されているので迷ってしまいますが、どんな時でも同じものを選んでもいいのでしょうか。

結論から言えば違います。親しい友達へのお祝いと、先輩へのお祝いでは違いが有るのです。

ご祝儀袋も相手に合わせて用途に合わせて選ぶ

選ぶ際は相手に合わせて選ぶことはもちろんですが、中に入れる金額によって選ぶ必要があります。1万円お祝いを入れる時と10万円入れるときでは違いを出さなければちょっと格好がつきません。

10万円のお祝いを入れるのにとても華奢だったりシンプルで質素な袋だとやっぱりちょっとバランスが悪いですよね。やはり10万円を入れる場合にはそれなりに豪華でそれなりの袋を用意しなければ格好が悪いでしょう。

最近はキャラクター物等もありますので、キャラクター物で相手が喜んでくれるようなモノを選ぶというのも1つの方法です。その場合はあまり金額はあまり関係がないようですが、それでもやはり見た目は重視して選んでください。

見た目に華奢な袋なのにも関わらず中身に数十万円もいれるようなアンバランスなことにならないようにしなければいけません。選ぶ際は相手のことを考えた上でバランスが良いかどうかをしっかりと考えておくといいでしょう。