のし袋の信頼のあるマナーと実績があれば名前の株も上がるかも!?

のし袋のマナーを知った上で使える人はだんだん減っていると言われています。ただの袋に見えて実はとても深い意味が込められているのです。意味やマナーを知らずに使ってしまうと失礼にあったったりマナー違反になるので注意が必要です。

形は2種類あるので用途に合わせて選ぶ必要が有る

袋を見てもらうと分かりますが形状は二種類あるでしょう。封筒型になっているタイプと、折って入れるタイプに分かれています。

形は2種類あるので用途に合わせて選ぶ必要が有る

水引の形も違いますし、色も使い道によって違っています。

それぞれの意味を知った上で使わなければいけません。例えば水引きですが、向かって右は赤色、左側は金色か銀色になっています。5本から7本の水引がついていて花結びという結び方をしています。これは祝水引きという種類です。右の上に熨斗がはいって結婚以外のお祝いごとに使用することになります。

実は一番オーソドックスでよく見かけるタイプなので、知っている人も多いのではないでしょうか。100均でも取り扱いがありバラエティに富んだタイプの発売が有ることが特徴です。中に入れるお金の金額によってその種類がまた違っています。

高額であればそれ専用の少し高めののし袋を使用することになります。

お祝いの席で手伝ってもらった人へのお礼の場合

例えばなのですがお祝いの席などで受付をお願いしてお手伝い頂くとか、お礼に支払う場合の謝礼金はお礼、ご祝儀、寸志やお車代といった名目で使用します。

お祝いの席で手伝ってもらった人へのお礼の場合

向かった右側を赤色にして、左側を金色か銀色にして水引の本数が先ほどよりも少し多い7本から10本にした場合にはこれは結切りと言われる丸結びで、こちらも婚礼の水引きです。右上に熨斗が入って婚礼に関係している祝賀の金額をここに入れてわたすことになります。

結婚だけでなく金婚式といった結婚関係のお祝いごとにも使用されます。見て右が藍色、左が銀色の5本から7本の水引きは結切り、あわび結びという交差で結び目がある物があってこちらは仏前等で使用されるタイプです。

お祝いの席で使用される袋と、仏前で使用される袋は全く色が違うのできっとわかるかとは思うのですが、間違えないように使用しなければ失礼に当たるどころか大変な間違いをすることにもつながるでしょう。

熨斗がないタイプの袋もあるけれどその用途は

種類によっては熨斗がないタイプがあります。蓮の絵が描かれている物で、これは仏教で使用されます。仏教の艶、葬儀や告別式の時に弔慰金を入れるために使います。

熨斗がないタイプの袋もあるけれどその用途は

蓮の花ですが、必ずしも描かれているというわけでもなく、蓮の花が描かれていないこともあります。

蓮が描かれていると仏教でしか使えないのですが、描かれていないのであれば、仏教以外の宗教でも使用することができます。蓮の家が入っているのは意味合いがとても強いですので、あまり法要の時には使用しない方がいいようです。

蓮の絵がないものにおいてはどの宗教でも共通して使用することができますし、通夜でも葬儀でも告別式でも法要でも使用することができます。

少しマナーやルールが厳しくなっていますので、使用する際は必ず使用できるかどうかを考えて使用したほうがいいでしょう。見て右が黄色で左が銀色の5本から7本の水引きが付いています。

PR 秋シーズン到来中!
マネフレ
食欲が出てくるこのシーズンだからこそ出費が重なるのですがそんな際にあなたをサポートしてくれるサイトを見つけました!

この結び方は先ほどから出ている結切りというタイプなのですが、熨斗はないのが特徴です。

もともとは関西地方の弔慰金の際に使用されていたのですが、佛水引きの蓮の絵がないタイプといっしょでこれを使う地域は増えつつあります。地域によっても違いが有ることもあるのです。